読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『たしかなこと/小田yumi正』

 

病み上がりの母は見ていた

今日も機嫌の悪い息子の姿

泣き声が絶えないから

小さな幸せに気づけないんだなぁ

 

日付け超えて君は目を覚ます

ほんとうにマメに目を覚ます

時計見て考えてた

君の朝は一体何時から?

 

忘れないで どんな時も 君のそばにいるから

そのために私はこの部屋で

ダサいTシャツを着ながら

ワイドショーに文句言うんだ

 

自分のこと大切にして

思いのままにおデコ引っ掻かないで

寝返りをやたらにしないで

部屋の隅に転がっていかないで

 

求められれば すぐにあげたい

たとえ乳首の傷が癒えなくても

なくした色気 探しに行こう

いや待てよ そもそも持ってなかった?

 

いちばん大切なことは

特別なことではなく

ありふれた日々の中で 君が

母のアタフタをよそに 日々成長していること

 

父にまだ 言葉にして

伝えてないことがあるんだ

それは君と出会った日から

父が二番目になったということ

 

 いちばん大切なことは 特別なことではなく

ありふれた日々の中で 君が

なんともない顔してるけど

4日ウンチしてないということ

 

忘れないで どんな時も 君のそばにいるから

そのために私は今日もまた

ダサいTシャツを着ながら

ワイドショーにのめり込むんだ!

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日でさときっちゃん

5ヶ月となりました。

 

まるで寝返りを習得したばかりの赤ちゃんのように、来る日も来る日も寝返りばっかりしております。

 

おかげさまで

気づけば大体この後ろ姿

f:id:yumihikoshi:20170517213149j:image

(うつ伏せ。禿げ)

 

 

 

 

 

一年前の今頃はツワリで本当に辛かったな。と、初夏独特のニオイとか風とか陽射しの感じで思い出します。なんならなんとなく吐き気とかしてきます。

 

yumihikoの住む地域では、朝7時に学校のようなチャイムが鳴り響き、夕方6時に曲名のわからないなんとも絶妙に切ない音楽が流れます。

 

ツワリで寝たきりの日々のなかで、

朝7時のチャイムは「また地獄のような一日が始まってしまった…」という絶望感と共に聞き、夕方6時の音楽は「また何も出来ず一日が終わってしまった…」という自己嫌悪と虚無感と共に聞いていました。

 

実際、夕方の音楽が鳴り終えたすぐあとに帰宅したさときち先輩に「あの音楽を聞くたびに、"お前は毎日毎日寝てるだけで、ダメ人間だな"と言われてる気がする。あの音楽、もう聞きたくない」とエンエンと泣いた日もありました。

 

…そんなこんなで、一年前の今頃をしょっちゅう思い出すここ数日。たぶんこれからもしばらくは初夏のニオイがし始めたら思い出すんだろうな。もう本当にトラウマ。

 

 

そして一年経った現在、5ヶ月になった我が子。

妊娠中は、一日一日がしんどくて長くて、まだ産まれないまだ産まれない、と嘆いていたけど、産まれてしまえばもう本当にあっと言う間。

 

 

 

日々、さときっちゃんのお世話で余裕がなくて、なかなか感慨にふけることもないけれど、いまちょうど、少し前に紹介した『きみは赤ちゃん』を読んでいることもあって、妊娠中のこととか出産した日のこととか久しぶりに思い出したりしています。

 

 

さときっちゃん、無事に産まれてきてくれて、無事にすくすくと成長してくれて、そして毎日、体を張った笑いを父と母に提供してくれてありがとう。

 

 

ってわけで、5ヶ月おめ☆

f:id:yumihikoshi:20170517215217j:image

 

追伸、寝返りもいいけど、そろそろウンチしてね☆

母の日

 

 

「1人目は、いまのさときっちゃんみたいな感じで結構大変だったなぁ。やっぱり慣れないことも多いし」

 

「2人目は、お腹空いたら泣いて、おっぱいゴクゴク飲んで、ほっといたらいつの間にか勝手に寝てる。の繰り返しでホントに手がかからなかったなぁ」

 

「3人目は、もう何も覚えてない☆気づいたら歩いてたね☆」

 

※気づいたら歩いてたのが、そう、他でもないyumihiko氏です。

 

 

そんなことをさときっちゃんを見ながら呑気に振り返るしず姐。

 

「育児はね、孤独ですよ(゚ω゚)」と、力強く言い切るしず姐。

 

 

 

 

 

母は偉大です(`・ω・´)

 

私は戸籍上はさときっちゃんの「母」ですが、まだちゃんと「母」になれていない、見習いです。「母」への道のりは長そうだ。もしかしたら「母」になる前にさときっちゃん自立しちゃうかも(゚ω゚)それもまた一興(゚ω゚)

 

まぁ、日々精進日々精進。

 

 

 

 

 

 

というわけで、

ハッピーイースター

 

じゃなくて

 

ハッピーマザーズデー!!☆

 

おかあさん、ありがとう。

f:id:yumihikoshi:20170512102239j:image

 

(カーネーションらしきものを着てる)

積読シリーズ

どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

 

yumihiko氏の疲れた体と心を癒してくれるところ、

 

そう、それは本屋さん。

 

 

 

 

f:id:yumihikoshi:20170512103124j:image

 

また本を買ってしまった。

 

買ったまま読んでない本がまだ沢山あるのに。

 

積読フィーバー☆

 

 

 

『きみは赤ちゃん/川上未映子

本屋さんで発見し、迷わず購入。

妊娠、出産してから、

こういった本に弱い。めっぽう弱い。

 

 

『どこかでベートーヴェン/中山七里』

 

『さよならドビュッシー

『おやすみラフマニノフ

『いつまでもショパン

に次ぐ、岬洋介シリーズの最新刊(*゚∀゚*)

 

昨年の5月に単行本が発売されて、買おうか買わまいか迷ってるうちにこのたび文庫化(*゚∀゚*)

うひゃひゃ、テンション上がる。

 

 

 

さぁこの2冊の感想ブログはいつになることでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今日の愉快なさときっちゃん〉

 

ベビービョルンのバウンサーに乗せられる(ベルトで固定)さときっちゃんを見たさときち先輩がひとこと。

 

「デカめのブーメランパンツ履いてるみたい。」

 

 

f:id:yumihikoshi:20170512104239j:image

 

…た、たしかに( ゚д゚)!

 

(実際は裸ではありましぇんが、裸にしたほうがブーメラン感出るかな、と思ってアレンジ☆)

 

 

 

面白いなぁ、さときっちゃん。

ホコリをはらって。

 

出産後、自分でもよくわかんないくらい

ありとあらゆるものにイライラしっぱなしのyumihiko氏。

 

つい先日は、

冷凍の豚カツ(揚げるだけ)に

 

「はぁ?外はもう焦げそうなくらい揚がってるのに、なんで中はまだナマなわけ?もう一回揚げなきゃいけないじゃん。そもそもこんなに時間かけるほど私コイツ(豚カツ)のこと好きじゃないし!なんで大して好きでもないヤツに振り回されないといけないわけ?はぁ?」

 

とフツーにガチでブチギレ。(実際はこの3倍はグダグダとブチギレていた)

 

これには、さときち先輩も「いや、さすがに豚カツ相手にキレ過ぎでしょ。」と引いていた。

 

 

 

 

 

まぁ、相手が豚カツならいいんだけど、

〈yumihiko氏☆産後イライラキャンペーン〉のイチバンの被害者は、言うまでもなくさときち先輩。

 

さときち先輩に、正論を言ってブチギレることもありますが、もうただのイチャモンレベルの時も多々。

 

さときち先輩は、yumihiko氏の意見が正しいと思えば素直に自分の非を認め「ごめんなさい」「次回からは気をつけます」と素直に謝ってくれたりする。

(自分が悪いと思ったときに素直にすぐ謝れるところは、さときち先輩の偉大なところの一つ。私にはなかなか出来ないのである)

 

だけど、yumihiko氏のイチャモンレベルのブチギレに対しては、いわゆる〈逆ギレ〉こそしないものの「あ、いま完全に怒ってるな。しかも相当。ヤバイ。」と、さすがのyumihiko氏もちと焦るくらいのなんとも言えない表情をします。

(オトナなさときち先輩は滅多に本気では怒らない。説教はしょっちゅうだけど☆)

 

 

 

 

このままyumihiko氏のイチャモンが続いたら、家庭崩壊、というか正確には我が家の場合、家庭分裂するんじゃないか?(゚ω゚)と、自業自得ながらも危機感。

(どう分裂するかはご察しの通り☆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付き合っていた頃から、

家でも外でも食事のときは、必ずビールを飲んで「プハァ〜(*゚∀゚*)」とやるパートナーを「yumihiko氏がご機嫌ならなんでもいいんだよ」と、孫を見るおじいちゃんみたいな目で見守ってくれたときち先輩。

(実際、猫背で顔色も基本悪いからおじいちゃんみたいなもんなんだけれど)

 

ビールに限らず、基本的に「yumihiko氏が幸せなら」「楽しいなら」「喜ぶなら」と、yumihiko氏のやりたいことや行きたいところ、欲しいものに「NO」は出さずに見守ってくれるさときち先輩。

 

そして妊娠中も、デカイお腹でソファを陣取り、お尻ポリポリ掻きながらテレビを観る、色々と失っちゃってるyumihiko氏に対しても

 

「もっと女らしくしろ」とかそんなベタな苦情は、さときち先輩は言わない。

「うわ、なんか凄いね…☆」と何故か楽しそうにさときっちゃんのために購入したビデオカメラを嬉々とした表情でまわすのです。

(おかげでビデオカメラにはろくでもないyumihiko氏の生活の記録が沢山)

 

 

そして

ツワリで瀕死状態のyumihiko氏のために、裸で小躍りしてくれたのは有名な話。(え?そうなの?有名なの?)

 

 

 

そう、とにかくさときち先輩は偉大なんだ。

 

近頃の私はそんな当たり前のことを、当たり前過ぎてすっかり忘れて、ただただ文句ばかり(゚ω゚)

 

感謝とか思いやりとかそういう、夫婦としてとても大切なキモチをどっかに投げ捨てていたんですね。探したら、部屋の隅でホコリ被ってましたわ。オホオホ。(ホコリでむせた模様)

 

 

 

とりあえずホコリをはらってまた身に付けてみたこのキモチ。大切に、忘れないようにしてゆきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、

平成の色男ならぬ、平成の骨男・さときち先輩を最後に公開して、このyumihiko氏の決意表明というかさときち先輩への媚び売る日記というかなんというかを締めくくります。

 

f:id:yumihikoshi:20170511163730j:image

※コンビニスタイル 2017夏

こどもの日

 

腹が減った、オムツを変えろ、っていうかまずは一刻も早くこの地獄のような渋滞から抜け出して車ブンブン走らせろ(車動いてないと眠れない)。とギャーギャー喚き出すさときっちゃん。

 

そんなさときっちゃんを、心を無にして真顔で眺めるyumihiko氏。(さときっちゃんが何をしても泣き止まない時や、今回のように何もしてあげられない時は大抵この感じ)

 

泣き喚くさときっちゃんに「ちょっと我慢してね〜」、ミラー越しに見える真顔のyumihiko氏に「いやいや、そんな顔で息子を見なくても…」と冷静に声をかけつつ、

 

〈ここから〇〇市です〉的な標識に描かれている謎のゆるキャラに「なんだあれ、ふざけんなよ、ぶっ飛ばすぞ」と、難癖をつける、ブチギレのさときち先輩。

(さときち先輩はハンドル握ると人格変わりがち。口調はいつもの冷静なままで、言葉遣いだけがやたら乱暴に。コレがなかなかyumihiko氏的には愉快)

 

 

…これ以上ないくらいに混沌とする車内。

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで行ってきました、さときち先輩の故郷OKAYAMAへ☆

3人体制になってからは初めての長旅。もちろんさときっちゃんは初めての岡山。

 

3泊4日(1泊目は京都)のOKAYAMAの旅〜さときっちゃんとさときち先輩は疲労困憊、yumihiko 氏は大満足☆〜の詳細はまた改めて機会があれば…(゚ω゚)(゚ω゚)(゚ω゚)

 

(「また改めて機会があれば」で、本当に改めて機会があった人ってどれくらい居るのかな(゚ω゚))

 

兎にも角にも、楽しいゴールデンウィークだったということを声を大にして言いたいわけ。

 

昨年のゴールデンウィークは、ツワリ(「ポテト」のイントネーションで。)でゴールデンどころかシルバーどころかグレーどころかブラックどころか、なんかもう色々超越して〈逆に真っ白ウィーク〉だったので、今年はより一層の充実感(`・ω・´)

 

 

 

 

 

そんでもって、昨日はこどもの日でしたね。

 

さときっちゃんには、ちゃんとした初節句のお祝いは特に何もしておりましぇんが、

新しいオモチャを買いました。

どうか遊んでやっとくれ、さときっちゃん。

 

 

 

 

ついこないだまで私のお腹のなかでウゴウゴしていたさときっちゃんが、私から出て、目の前でウゴウゴし始めてあっという間にもうすぐ5ヶ月。

 

大きな病気もせず、すくすくと元気に日々成長してくれてありがとう、さときっちゃん。

 

これからも色んな姿、色んな表情で元気にウゴウゴしまくっとくれ。

 

…そんなことを改めてしみじみ想ったこどもの日でございやした。

 

 

 

 

f:id:yumihikoshi:20170506203514j:image

それでは皆さん、素敵なゴールデンウィークを☆

 

 

さ「さてさて、かわいいお顔をよーく見せておくれ☆」

と、帰宅早々さときっちゃんを抱き上げるさときち先輩。

 

 f:id:yumihikoshi:20170429225126j:image

 

何故か私と目が合うさときっちゃん。(真顔)

 

さ「あうー(*゚∀゚*)さときっちゃんー(*゚∀゚*)ただいまー(*゚∀゚*)」

いつもとなんら変わりない様子で息子にデレデレするさときち先輩。もしや、と何かに気づくyumihiko氏。

 

y「あ、反対だよ」

 

さ「あ、こっちか☆」

 

f:id:yumihikoshi:20170429225438j:image

 

どうやらさときっちゃんの後頭部のトゥルトゥルの部分を顔だと間違えて話しかけていた模様。

 (ようやくさときち先輩と目が合って、後ろ姿から漏れ伝わるウキウキ感。え、さっきの真顔は何処へ?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな後頭部トゥルトゥル真顔クソチビ野郎にパジャマを買って着せてみた(*゚∀゚*)

 

 f:id:yumihikoshi:20170429230739j:image

サイズがまだ少し大きめなので、凄まじくイン。いや、インというかもはや、ズボンサイドがシャツを迎えに行ってる状態。シャツをインと言うよりは、ズボンがオン。

 

母はこの姿を見て思った…

 

アイツに似てる…

 

そう、

 

f:id:yumihikoshi:20170429231317j:image

 

デカパン…。

(参照:『おそ松くん』もしくは『おそ松さん』)

 

 

 

 

 

f:id:yumihikoshi:20170429231743j:image   f:id:yumihikoshi:20170429231801j:image

 

完全に一致。

 

それなりにオシャカワなパジャマなのに、何故。

 

さときっちゃんを育てているとこんな風に「なんか思ってたのと違う…(゚ω゚)」という場面に頻繁にぶち当たります(゚ω゚)坂口健太郎系男子からどんどん離れていってる(゚ω゚)

…子育てって思い通りにいきませんな☆

ストレス発散

最近さときっちゃんは、

家に居る時は大抵ご機嫌がよろしくない☆

 

ですので、

車に乗っけてドライブしたり、

ベビーカーに乗っけて

ショッピングモールや公園を

ひたすらウロウロしたり、

(立ち止まると怒るので、yumihiko氏は

歩みを止められない)

 

とにかくさときっちゃん、いや、もはや殿、のご機嫌をとるのに必死☆

 

さすがのyumihiko氏もなかなかと疲れてきている模様。

 

そんなyumihiko氏にはストレス発散方法がいくつかありますが、(読書やら甘いものやらノンアルコールビールやら…)

 

その中でも特に効果的なのは、

 

yumihiko画伯になること!

 

そう、さときっちゃんの絵を描くこと!

 

ってわけで、さときっちゃんが眠りに就くと「それでは、講談社から出る新刊の締め切りが近づいて来てるので仕事に取り掛かります」と、それっぽいことをそれっぽい感じの顔でさときち先輩に告げ、yumiタブで絵を描くことに熱中するわけです。

 

あ、ちなみにもちろん講談社の締め切りなんて一向に近づいてこないし、それっぽい感じの顔で告げたところでさときち先輩は「…あ、そう」とポカンとした顔で言うだけです(゚ω゚)

 

 

 

 

さぁそれでは

ここ最近yumihiko氏が嬉々とした表情で描き溜めた作品を一挙公開!!!

 

 

 

 

 

 作品タイトル『愕然』

f:id:yumihikoshi:20170423232257j:image

友人の赤ちゃんと並べたりすると、さときっちゃんの「なんか違う」感に愕然とする。

 

あれ?色黒くない?

あれ?服装田舎臭くない?

あれ?はまじ線、予想以上に濃くない?

あれ?髪型のヤバさ、際立ってない?

 

っていう☆

 

 

 

 

 

 

作品タイトル『帽子』

f:id:yumihikoshi:20170424092727j:image

 

髪型のヤバさに定評があるさときっちゃんですが、さときち先輩にかわいいクマ耳ハットを買ってもらいました。

髪型隠すと途端に可愛くなる。(気がする)

髪型って大事☆

 

 

 

 

 

 

 

作品タイトル『ギャップ』

f:id:yumihikoshi:20170424092943j:image

 

顔のポップさからは想像出来ない、脚のリアリティ。脚だけ異常にムッキムキ。脚だけ劇画調。…これは赤ちゃんあるあるですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品タイトル『散髪』

f:id:yumihikoshi:20170424093211j:image

 

そう!ついにさときっちゃん、産まれて初めての散髪!

カリスマ辛辣美容師☆さときち先輩にザクザク切ってもらいました!

 

さときっちゃんが一向に坂口健太郎的男子になれないのは、髪型のせいだ!髪型さえちゃんとすれば…!と一縷の望みをかけていたけれど、全然ダメだった!

コミカル感が増しただけ!無理!坂口健太郎なんて到底無理!

 

…まぁ小ざっぱりしたからいいか。さときっちゃん本人は気にしてないし。

 

 

ちなみに、散髪翌朝、ほぼいつも通り(散髪前と同じ)に戻ってしまった髪型を見て「なにこれ」と真顔で言い放ち、さときち先輩は出勤してゆきました。

 

手強いぜ、さときちヘアー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、4作品一挙公開とさせていただきました(゚ω゚)

 

 

 

 

 

 

 

これからも夜な夜なyumihiko画伯は、ストレス発散に、ヘンテコリンな絵を描き続けるでしょう。楽しみにしててねっ☆