子育て大変。(切実)

どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

 

 

 

結論から言いますとね、

 

さときっちゃんが8ヶ月を迎えたということ。

 

パチパチパチ…(まばらな拍手)

 

 

 

 

離乳食は2回食となり、基本的にいつでもどこでもなんでも食べます(`・∀・´)

なんでも食べるので、何が好きで何が好きでないかがちとよくわかりましぇんが、

味のついていないお粥はあまり好きではなさそう、トマトは酸っぱさのあまりブルブルする、そして、キューピーのバナナプリンはお気に入り、こんな具合です。困った時は、必殺☆バナナプリン、コレでキマリ☆

 

 

そいでそいで、

とにかく落ち着きがございやせん。

なーにが坂口健太郎だ、なーにがお座りして絵本を見ながら一人遊び、だ、さときっちゃんにあれやこれやと理想を抱いていた数ヶ月前の自分に、大きめの声で耳元に「ケッ!!!」と言ってやりたい次第でございます。

 

ズリバイ、つかまり立ちを完全マスターし、ハイハイは少しずつ出来るようになってきました。が、そうです、座らないんです。ポテンシャル的には座れる的な感じなんだけど、メンタル的にいや、フィジカル的に?座りたくない的な感じ的な感じで、とにかく動き回ってる。たまーーーに離乳食後、バンボで5分とか大人しく座ってると、私含め、家族みんなが「え、どうした?体調悪い?」とかフツーに心配するくらいには、落ち着きないです。

 

この落ち着きのなさはどこから来たんだ。

このダダ漏れの好奇心は誰に似たの?

 

 

 

出来ることが日に日に増えて、表情もどんどん豊かになって、かわいさ倍増ですが、

イタズラ小僧感も増し増しです☆

 

ちなみに、相も変わらず寝ても覚めてもメッシュボディ肌着+よだれかけ、という洗練されたスタイル。肌は何故だか小麦色。日焼けではなく当初から小麦色。謎。

 

 

さときっちゃん、引き続き小僧への道を極めておくれ。こうなったら母はとことん付き合うぜ、老体にムチ打ちながらさ。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで絶賛、YONAKIにブチギレ☆キャンペーン中のyumihiko氏がお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

あ、さときち先輩も生きてます。恐らく。

偉大なるさときち先輩、出国。

どうも、yumihiko氏です。

 

もう、ゴブ(ご無沙汰の意)過ぎて笑うしかありません。ははは。

 

 

 

 

 

 

 

いつの間にか8月になっておりますね。

 

えっと、我らがさときち先輩が先日アメリカに無事旅立ちました(`・∀・´)

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、久しぶりに

 

〈今日のさときち先輩〉のコーナー☆2連発☆

 

 

 

ニュースの朝の占いでおひつじ座がビリ。(さときち先輩もyumihiko氏も共におひつじ座)

なにやらその占いによると〈漠然とした不安に襲われる〉とのこと。

 

y「はい?〈漠然とした不安〉なんてこの世に生きていれば誰しもが常に抱いてるよね?けっ」

 

さ「…僕は〈明確な不安〉を抱いてるよ。(yumihiko氏をまっすぐ見つめるさときち先輩)」

 

y「(゚ω゚)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングに敷いてあるラグマットを見て何かに気づいたさときち先輩。

 

さ「パン食べた?」

(なにやらトーストの粉が沢山落ちていた模様。コロコロをし始めるさときち先輩)

 

y「あ、そうそう(゚ω゚)食べ終わったあとにコロコロしなきゃな〜と思いつつ、忘れてた(゚ω゚)なんせこちら育児に追われてるもんですからね(゚ω゚)」

 

さ「…この家から追われたいの?(コロコロ)」

 

y「まーたそんなうまいこと言っちゃって(`・∀・´)ははは…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さときち先輩のこの、ウィッッッッッット(ウィットに富み過ぎててちっちゃいツがやたら多い)に富んだ言葉選び(遊び?)がそばで聞けなくなると思うとさみしいです。ね、みんなもさみしいよね?ね?ね?

 

 

 

 

 

 

次いつ家族3人が集結出来るのか今のところまだわかりましぇんが、

さときっちゃんは私が、(実家の家族や友人などなど諸々の周りの人々を巻き込んで)責任を持って、育てます(`・∀・´)

 

(※ずっとしつこく言っていた、坂口健太郎的男子は諦めた。だって色黒いし、なんか爽やかボーダーTシャツより白いタンクトップのほうが似合う感じだし。ボクサーパンツよりブリーフという感じだし。)

 

 

 

 

 

だから、さときち先輩も見知らぬ国でのお仕事がんばってね。

そして、たまには私たち家族のこと思い出してね。…あ、さときっちゃんのことは片時も忘れないだろうけど…私のこともなるべく、さ、ホラ、「なんかよくわかんないけど何故か僕の家にいつも我がもの顔で居座っていたヘンテコリンな人」とかでいいからさ、思い出してね。

 

 

 

 

はい、ってわけで、せーのっ!

 

さときち先輩、フォーエバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

もうすぐ8ヶ月のさときっちゃん。

手に負えません。

手に、負えません。

(大事なことだから2回言いました)

『Spuall〜さときっちゃんver.〜/福山yumi治』

 

 

さっきまでの大泣きが

ウソみたいにご機嫌な君

 

そんなふうに微笑むから

あなたの父 デレデレするの

 

ちょっと黒めのあなたの肌

母の日焼けと比べてみた 今

 

私 母をしている やつれるくらい

もう隠せない この肌荒れは

もっとまとめて寝たい グッスリ寝たい

空気読んでほしい 午前2時半

 

さがしてた スリープボタン…

 

汗をかいた 散歩のあと

飲みたがる赤ちゃん用麦茶

スプーンごと頬張るけど

7割方口から出てる

 

夕焼け染まる 6畳リビング

泣き出すあなた 心閉ざす母…

 

私 体重落ちてる ちょっと引くくらい

もう隠せない 鎖骨の出具合

ずっとお酒飲むこと 夢にみてるの

許して欲しい ノンアル暴飲

 

私 母をしている させていただいてる

もう隠せない 君へのデレデレ

やっと笑ってくれたの?「父と間違えた」?

埋まることない 母子の距離感

 

さがしてた  好感度…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…『Squall〜さときっちゃんver.〜』聴いていただきました。(DJ.yumihiko)

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで、

さときっちゃん無事に7ヶ月を迎えました(`・∀・´)

 

 

 

 

 

ズリバイを習得したり、

 

歯が生えてきたり、

 

人の顔をはっきりと認識するようになったり、

 

気に入らないこと(オモチャが上手く扱えない、イタズラを阻止される、などなど…)があると、「こんちきしょー!」と泣き喚くようになったり(自我の芽生え☆)、

 

その他諸々、

 

とにかく一日一日めまぐるしい成長を遂げています、さときっちゃん!

 

 

そんなめまぐるしい成長を遂げる若人にyumihikoおばちゃん、ついてゆけるわけもなく…

 

 

 

y「あー、またゴミ箱漁るー、何回も同じこと言わせないでよー、お母さんいい加減怒るよ(゚ω゚)このお母さん怒らせたら大したもんだよ(゚ω゚)(ブチギレ)」

 

さ「もう怒ってるじゃん」

 

 

 

 

 

y「あー、もう、オムツ替えるときは寝返りしないでっていつも言ってるじゃん。こんにゃろ、足で固定だ、こんちきしょ。やんのかこら。今度また同じことしたらお母さんさすがに怒るよ(゚ω゚)穏やかで有名なお母さん怒らせるなんてなかなかだよ(゚ω゚)(ブチギレ)」

 

さ「もう怒ってるじゃん。ていうか、子どもと対等に喧嘩しないで。」

 

y「そりゃ喧嘩にもなりますわな!(大人気ない)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、毎日笑顔(目は全然笑ってない)で明るく!楽しく!元気よく!子育て中☆(ほぼ喧嘩)のキラキラママ(キラキラなんてしてない、ただただ目の下にクマ作りながら必死)yumihiko氏です(゚ω゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yumihikoshi:20170715235706j:image

 

↑6ヶ月ちょうどから離乳食を開始しました。

 

半袖ヨレヨレメッシュ肌着から、袖なし新品メッシュ肌着に進化し、アスリートばりのムッキムキの腕が露わに。自分で食べることなど出来ないくせにスプーンだけは一丁前に自慢気に持ちたがるさときっちゃん。よだれかけが少々大きめで、〈裸エプロン〉ならぬ〈裸よだれかけ〉的な感じになっちゃうさときっちゃん。口の周りやよだれかけが汚れるのはわかるけど、なんか気づいたらオデコにカボチャ付けてたりする理解不能なさときっちゃん。

 

ちなみにお気づきでしょうか?髪型が大人めになってきました。ポワポワが落ち着いてきました。

 

そして、今のところ与えられたものは好き嫌いせずなんでも食べてくれます。

 

 

 

 

 

・好き嫌いせずなんでも食べる(食べ物に貪欲)

・色が黒い

・喜怒哀楽がとにかく激しい

 

…ん?

どっかで見たような…

 

 

あっ、黒柴さつき(愛犬)ですね☆

 

 

 

いや、さつきっちゃんは自分でご飯食べられるし、自分で眠れるからさときっちゃんよりよほどレベル上ですね。現状は。

 

まぁ、あれです、落ち着きがなくて、なんかヘラヘラしてる黒い柴犬を思い浮かべてくれれば、それがほぼほぼさときっちゃんの今の感じです。

今のところ、坂口健太郎感ゼロだなぁ…(゚ω゚)(゚ω゚)大丈夫かなぁ(゚ω゚)(゚ω゚)(゚ω゚)

 

 

 

 

 

 

 

兎にも角にも、あっという間に7ヶ月。

元気に育ってくれてありがとう。

引き続きよろ☆

ヨボヨボ母

7月ですね、どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

最近コチラを買いました。

 

f:id:yumihikoshi:20170704084914j:image

 

『ヨチヨチ父〜とまどう日々〜/ヨシタケシンスケ

 

言わずと知れた人気絵本作家・イラストレーターのヨシタケシンスケさんの育児イラストエッセイ。

 

「言わずと知れた」とか偉そうなこと言ってるけど、ヨシタケシンスケさんの絵本、『もうぬげない』しか読んだことありましぇん。(さときっちゃん文庫蔵書)

 

『もうぬげない』は、あまりにどこの本屋さんでもゴリ押ししてるので(静岡県児童書部門の本屋大賞に選ばれたからというのもある)、そんなに面白いの?と半信半疑で読んでみたところ、

 

面白さに衝撃を受けました。

(ハードルを上げ過ぎるのがyumihiko氏の悪い癖)

 

大人も子供も、いや、むしろ大人のほうが?楽しめるんじゃないかな、この方の絵本は。

(一作しか読んだことないくせにドヤ顔)

 

さときっちゃんがヨシタケシンスケワールド(以下YSW)を楽しめるようになるのはまだまだ先だけど、一緒にあーだこーだ言いながら読める日が楽しみです。

 

 

 

そうそう、前置き的なものが長くなってしまったけれど、そのヨシタケシンスケさんの育児イラストエッセイを買ったわけ。

 

父親になって(現在二児の父)、育児を経験して感じたこと、わかったことなどが、あくまでも父親目線で面白おかしく時にちょっとホッコリするような、そんな感じでかわいいイラストと共に書かれています。

 

「育児が孤独」と嘆くお母さんはそこらじゅうに(ここにも)居ますが、お父さんもお父さんなりにまた違った種類の孤独を感じているのだな…とか、お父さんもお父さんなりに、ピリピリするお母さんのことをどうにか受け止めようと頑張っているのだな…とか…。

産後のホルモンバランス崩れまくりのそこのお母さんに読んでほしい一冊です。少しお父さんに優しく出来る。かも。もしかしたら。

 

あっ、もちろん子育て中のお父さんにも読んでほしいです。「あぁ…みんな僕と同じだ…」って泣けてくると思います。

 

印象に残った部分を紹介したいなぁ、と思ったけれど、なんだか勿体無いのでやめておきます☆

 

 

…(以下YSW)とか言ってたけど、一回も使ってないやないかい。とツッコミを入れてくれた方、ご名答。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今日のさときち先輩のコーナー〉

 

 

 

テレビ観賞中、

"岡山の奇跡"と称される岡山出身の女性タレント(女優?)が登場。

 

y「出た、岡山の奇跡。これが岡山の奇跡とは、岡山のレベルが知れるわ。ケッ。」

 

さ「yumihiko氏は、"静岡の悲劇"だね(゚ω゚)」

 

y「(`・∀・´)…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…それでは、静岡の悲劇がお送りしました。現場からは以上でーす☆

NKS

 

 

さときち先輩との初めてのお出かけ(「初デート」と言うのが恥ずかしい。というか、似合わない)は名古屋港水族館でした。

 

 

家の近くまで車で迎えに来てくれたさときち先輩。

 

まだほぼ他人なのに普通に助手席に乗って、普通にペチャクチャと喋り始めるyumihiko氏に「LINEと変わらないね…」と引きつった笑みを浮かべていたさときち先輩。

 

まず、水族館近くのレストランで昼食。

注文したご飯が来るまでの間「気まずい…」と言って、メニュー表やらチラシやら、とにかく身の回りの活字を読み漁り時間を稼ぐさときち先輩。(オードリー若林さんと同じ手法)

「若林さんと同じ手口だね。読むものいっぱいあってよかったね」と声をかけた記憶がある。

 

水族館は、ペンギンとイルカショーだけ覚えてる。(水族館あるある)

 

水族館のあと、フードコート的なところでひと休みしたな。

 

y「好きな芸能人は?」

さ「吉高由里子

y「うわ、ありがちだね」

さ「好きな芸能人は?」

y「瑛太

さ「ありがちだね」

y「…あ、違う、いたわ、もっと好きな芸能人」

さ「誰?」

y「綾野剛☆」

さ「なんにしてもありがちだね」

 

こんな会話をしたなぁ。

 

 

 

 

 

水族館のあと、夜景がキレイな公園に行ったなぁ。(素晴らしいデートコース。いかにも過ぎて恥ずかしい)

ブランコしたなぁ。

 

ブランコしながら、

3連休の2日目だったその日、「明日も休みだ(゚ω゚)うれしいね(゚ω゚)」的なことを言ったら

 

「うん。もし明日仕事だったらこんな時間(まだそんなに遅くない)までこんなとこでこんな風にグダグダしてないよ僕。すぐ帰る。」

って冷たく言い放たれたなぁ。

 

 

 

 

 

上に書いたことをさときち先輩にも話したら、

「yumihiko氏、"昔はもっとさときち先輩優しかったのにな〜"とか言うけどさ、僕、昔も同じじゃん。」と言われました。

 

…確かに…(゚ω゚)

アレですかね、思ひ出は美化されるってやつですかね(゚ω゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る前にリップクリームを塗らないと眠れないこと。

一番好きなコンビニはファミリーマート

 

初めてのお出かけでさときち先輩と意気投合出来た点はこの2点のみ。

いや、後にも先にも本気で意気投合したのはこの2点のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで、

そんな素敵な思い出が詰まった名古屋港水族館、数年ぶりに行って来ました。

 

 

 

 

「ホラ、さときっちゃん、見てごらんイルカだよ☆おー、来た来た☆ホラ見てごらん☆」と話しかけるさときち先輩をイルカそっちのけで恍惚の表情でジーっと見つめるさときっちゃん。

 

「ペンギンさんだよ☆ホラ、さときっちゃんの好きなペンギンさん☆」と話しかけるyumihikoに目で「わしゃ眠いんじゃ、寝かせろ」とペンギンそっちのけで訴えるさときっちゃん。

※ちなみにさときっちゃんがペンギン好きかは不明。勝手に決めつけているだけ。

 

要するに全体的に水族館そっちのけのさときっちゃん。

 

 

 

 

 

クラゲのコーナーにて。

 

y「なにこのクラゲ、我が家のキッチンの排水口のネットみたいな材質だね。うひゃひゃ」

 

さ「(yumihiko氏をチラッと見て)たしかに、言われてみれば似てる。排水口っぽい」

 

 

 

 

 

 

 

 

カメのコーナーにて

 

y「うはー、これまだ子どものカメか〜かわええ〜ちっちゃいね〜」

 

さ「あ、こっちがそれの大人バージョンだ。こんなにデカくなるんだね」

 

y「うわ〜全然かわいくない。時の流れは残酷だねぇ」

 

さ「(yumihiko氏とさときっちゃんを交互に見比べて)確かに。」

 

 

 

カメの話をしてるのさ!そして、それよりなにより「排水口っぽい」ってなんなのさ!!もうわけわかんないよ!!!わけわかんないけどなんだかとてもショックだよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

そもそもなんでこのタイミングで名古屋港水族館に行ったかっていうとね、

残り僅かな家族3人での生活の思い出作りにね。

 

…あ、離婚じゃないよ?

 

だから、離婚じゃないって!

 

…え、実は離婚なのかな…(゚ω゚)

 

 

 

 

 

いやいや、

実はさときち先輩が8月からアメリカに転勤することになりまして。

私とさときっちゃんもいずれついて行くんですが、しばしの間単身赴任という形を取ります。

(yumihiko氏とさときっちゃんは、yumihiko氏の実家に居候)

 

それ故、残り少ないさときち先輩との日々…

 

元気でね、さときち先輩。

色々迷惑かけてごめんね、さときち先輩。

ありがとね、さときち先輩。

次会う時はお互い笑顔でね、さときち先輩。

 

…え?離婚じゃないよ?

 

だから、離婚じゃないって!

 

…あれ?離婚…なのかな…?

 

(この点については、改めてさときち先輩に確認する必要有)

 

 

 

 

 

 

 

まだ、離れて暮らす(しかも海外)実感がないのであんまりピンときてないけれど、いざ離ればなれになってみたら、きっとなかなかさみしいと思います。

 

それは、夫が居ないっていう点でも、さときっちゃんのお父さんが居ないっていう点でも。(まぁ結局は同じことなんだけれど)

 

まぁ、考えても仕方ないことなので、とりあえず残り一ヶ月ほどの日々を大切に過ごそうと思っている次第でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水族館、楽しかったです。

連れてってくれて、ありがとう、さときち先輩。

どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

久しぶりに読書感想ブログでも更新させていただきます☆

 

 

 

1ヶ月ほど前に「また本買ってもうた!」とここで紹介した

『きみは赤ちゃん/川上未映子』(ポプラ社)

 

つい最近ようやく読みました。

 

 

 

川上未映子さんと言えば、言わずと知れた芥川賞作家。私も何作かは読んだことありますが、『すべて真夜中の恋人たち』はなかなか良かった記憶があります。他の作品については、そう!憶えておりません!(潔さが売りのyumihiko氏)

 

 

 

さてさて、そんな川上未映子さんの、涙あり笑いありヒステリックありの妊娠&出産エッセイ。(2013年に男の子を出産)

 

 

 

地獄のつわりのこととか

妊娠中の体と心の変化などの

定番の話はもちろん

 

 

産後のしんどさとか

産後のしんどさとか

出産後の夫婦の危機とか

出産後の夫婦の危機とか

出産後の夫婦の危機とか

 

 

 

とてもリアルな、いや、リアルガチな

出産を終えた夫婦のすれ違いと言いますか

分かり合えない部分と言いますか

 

「あぁ、所詮は他人なんだ」

とか

「あぁ、男と女は違うんだ」

とかそういう、

多かれ少なかれ誰しもが通るであろう気持ちの変化というかなんやかんやについて、

とてもうまいこと書かれていました。

 

たとえば、とてもわかりやすい所では

「なぜ2人の子供なのに、私だけがこんなに眠れないんだ。なぜこの人(夫)は今まで通り眠っているんだ。」とかそういう。

 

 

 

 

 

川上未映子さんは、出産後しばらく夫のあべちゃんのことを「睨みつけるように」暮らしていたそうです。敵意剥き出しで。

 

yumihiko氏は、さすがにそこまでではありましぇんが、「yumihiko氏、最近イライラしてばっかりでコミカル感薄れてるよね」とさときち先輩に言われるくらいには、ピリピリツンツンガミガミしておりました。(おります。?)

 

 

と、同時にさときち先輩にとてつもなく感謝していることも事実で、そのあたりの心の葛藤的な部分でも「あぁ、そうそう…」とちょっと泣きそうになるぐらい共感というか。

 

 

 

 

…まぁ、とにかく

妊娠中の辛さはもちろん、出産の大変さ、そして産後の体と心の辛さが面白く可笑しく、なんだけれどもやっぱりとても真剣に記されてる。しかも、文章がシャパーッ!!!って感じでとても疾走感があって、読み出したら止まらない。

 

 

 

 

 

さときっちゃんとさときち先輩と私。部屋とYシャツと私。俺とお前と大五郎。

私たちは3人家族なんだなぁ、とか当たり前のことを思い出させてくれる一冊でした。

 

 

 

オ    ス     ス     メ      で    す    !

(渾身の「オススメです!」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんでもって

f:id:yumihikoshi:20170623214936j:image

『かがみの孤城/辻村深月

 

5月に刊行され、まぁ文庫本になってから買えばいっかな、と思っていたんだけれど、ネットでの口コミでみんな口を揃えて「最高傑作だこんにゃろ!てやんでーい!」的なことを言っていたので、文庫化なんて待ってられましぇんでした(゚ω゚)

 

今年中には読みたいと思います。ふぉふぉふぉ(゚ω゚)

 

 

 

 

 

…なんだろな、いつになく文章にまとまりがないな。あ、あれだな、寝不足のせいだな。

(今後、なんでもかんでも寝不足のせいにする可能性大)

6ヶ月

どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

 

ご無沙汰具合から察していただきたいのですが、

 

 

えぇ、そうです、yumihiko氏、

疲労困憊、満身創痍、四面楚歌(あっ、これは元々)

 

基本的に心は元気なのですが、連日の寝不足、腰痛、膝痛(しばしば膝サポーター着用)その他諸々の体の不調でヨボヨボです。「ヨボヨボ」の「ヨ」にも濁点をつけたいくらいにはヨボヨボです。ヨ゛ボヨ゛ボ。

(時々心身ともに疲れ切ってるときもありますが、そのときはヨ゛ボヨ゛ボの更に上、ヨ゛ヴォヨ゛ヴォ)

 

 

「子育てには休みがない」

「子育ては体力勝負」

 

などの、子育てに関して昔からよく言われるこれらの言葉。

 

正直出産するまで、あんまりピンと来てましぇんでしたが、今まさに、「あぁ…こういうことか…」と遠い目(そしてなんか色々超越してこころなしか恍惚とした表情)で理解しているわけです。

 

 

そして、恍惚とした表情〜なんならたまに瞳孔開いてる〜のyumihiko氏が思うのは、

 

「子育て」っていう呼び方?が誤解を招く?っていうかなんていうか

 

「子育て中のママ」とか言っちゃうとなんかちょっとカジュアル過ぎて、育児すらファッション的な印象を与えかねないっていうか、

 

実際私が「子育て中のママ」になってみて感じたのは

 

自分の子どもを育ててるっていう感覚より、一人の人間の生命をどうにか日々維持している、という感覚が強いということでした。

 

とにかくどうにか今日もこの人間様を生かさねば、という気持ち。そこそこのプレッシャーもある。

 

だからさ、なんだかドヤ顔でウダウダ言ってるけどさ、つまりさ、

 

「子育て」じゃなくて「人間育て」っていうレベルのことしてると思うわけよね。

 

だから「子育て中のママ」じゃなくて「人間育て中のおばさん」なんだよね、私。

 

…ホラ、なんか急にいたわってあげたくなるでしょ?☆

 

 

 

 

 

と、いうわけで改めましてどうも、

人間育て中のおばさん、yumihiko氏です。

ごぶ☆

(恐らく「ご無沙汰」の意)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、

父と母が必死に

育てている我が家の小さな小さな人間様は

本日無事6ヶ月を迎えました。

 

 

大きな病気、事故なくすくすく育ってくれてありがとう。

 

リビングの中央に寝かせても寝返りコロコロでいつの間にか部屋の隅っこに移動して壁に頭ぶつけて泣くやつ一日に何回も繰り返ししてくれてありがとう

 

遠く離れたテレビのリモコンめがけてズルズルと前進し、リモコンハムハムしてチャンネル凄まじい速さで変えていってくれてありがとう。(なんかよくわかんないけど、NHKが無音で流れてる頻度が高いね、よかったこういうこともあろうかと高い受信料ちゃんと払ってて☆)

 

オムツ変え中も寝返りコロコロで動き回って、母に「たとえうつ伏せでもオムツ装着する技術」を身につけさせてくれてありがとう

 

母のTシャツの首回り、片っ端からヨレヨレにしようと日々頑張ってくれてありがとう

 

父が帰宅した途端、つい1分前までの不機嫌が嘘のようにテンションブチ上げになって、そして、父に抱っこされた途端、母を「え?誰だっけこの人」的な顔でチラ見してくれてありがとう

 

その他言い出したらキリがないけど、

毎日ありがとう。

これからもよろしくね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yumihikoshi:20170617090144j:image

 

《さときっちゃん、夏の爽やか変態スタイル》

 

・定番のクマ耳帽子

・暴れ過ぎて回転して大抵マントみたいになってるよだれかけ

・隙あらば胸元を引っ張るので、ヨレヨレになってなんだか淫らな肌着(メッシュ生地、角度によっては谷間丸見え、角度によってはもう谷間とかじゃなく乳首丸見え)

 

(・ムッチムチの太もも)

 

 

 

 

3.5キロ、51センチで誕生したさときっちゃんも、半年経ったいま

7.5キロ、68センチとなりました(゚ω゚)

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また。