絵本

お世話になっております。いつでもあなたの側に、yumihiko氏です。



わたくしyumihiko氏は、家の近所の図書館が結構お気に入りで(雰囲気とか規模とか)、よく行きます。(さときち先輩はかつて「僕はそんなに好きじゃない。あんなの中学校の図書室レベル。」と吐き捨てた。だがしかしyumihiko氏はめげないのである。)

今回借りてきた本はコチラ。

f:id:yumihikoshi:20160202114150j:image



幼き頃、かなりお世話になった絵本ですが、ちょっと前にふとしたきっかけで思い出したものですから。(ΦωΦ)←ネコ

まずシリーズ第一弾『11ぴきのねこ』を試しに読んでみました。
ねこたちのなんとも言えない、おっと失礼、にゃんとも言えないかわいさ。

11ぴきで大きな魚を捕まえるはなし。



必死で大きな魚に挑む11ぴき。

f:id:yumihikoshi:20160202113654j:image


失敗して、負傷。(シュール)

f:id:yumihikoshi:20160202113856j:image

試行錯誤の末、どうにか大きな魚を捕まえることができてドヤ顔のとらねこ大将(リーダー)。

f:id:yumihikoshi:20160202113812j:image


…いやぁ、なごむ。…おっと失礼、にゃごむ。
名作ってヤツはいつまでも色褪せないですね。(遠い目)



八つ墓村』を読みつつ、『11ぴきのねこ』を借りる。精神状態がグチャグチャでございます( ・`ω・´)

みなさんも絵本、読んでみてはどうですか?という。




〈今日のさときち先輩〉のコーナー
パディントンの服をテッドに着せて、テディントンにしたいと言い出したyumihiko氏。

さ「作ればいいじゃん」
y「どうやって?」
さ「どうやって?じゃないよ。いつも言ってるでしょ、まず自分で調べてからそれでもわからなかったら僕に言って。なにも調べもしないで人に頼らないこと!」
y「(笑い声)」
さ「笑ってごまかさない!!」

こうしてまたしても怒られるyumihiko氏であった。





そんなことより、誰かテディントンの洋服の作り方教えて。(学んでない)