読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大型新人A

今週のお題「印象に残っている新人」




普段浮世離れ(いい意味で)しているyumihiko氏ですが、そんな私にも一応OLだった時代があります。



入社3年目に出会った大型新人Aさん。

私は彼女の教育係でした。




天然でいつも元気いっぱいの新人。

仕事に対する姿勢はとても熱心で、仕事覚えも早く、ほとんど世話のかからない新人。

ただ、なんせ天然で元気いっぱい。



朝から事務所で「yumihiko氏さんは、AKB好きですか?」と事務所に響き渡る大きめの声で話し出す新人。
※新人は、AKB48が大好き

優しいyumihiko氏は、
「AKBよりももクロ派かな」と小声で答える

「えー!そうなんですかー☆」と、とても楽しげな新人。声がより一層デカくなる新人。

内心アワアワするyumihiko氏。


その後、「新人の仕事中の私語が多いからちゃんと注意しとくように」と上司から案の定指示されるyumihiko氏であった。










「おはようございます、yumihiko氏さん!
今日は水曜日ですね!なんの日かわかりますか?」

「え?今日?
水曜日…ノー残業デー?」

「違いますよ!SKE48の新曲の発売日ですよ!」

「知らんがな!
てか曜日関係ないがな!」









「yumihiko氏さんは、いい化粧水とか使ってます?」

「いやぁ、全然、安いやつだよ。1000円もしないやつとか」

「(バカにした感じで)えぇ〜そうなんですか。(笑)
私は5000円くらいの…」

「え!そんな高いの使ってるの!」

「いやいや、5000円くらいのやつを使いたいなぁって最近思ってるんですっ☆」

「いや、今現時点でいくらの化粧水使ってるかって話をしてたんじゃないの!
しかも安い化粧水使ってる私のことちょっとバカにしたよね!え!」











「yumihiko氏さん、私の車のなか見て下さい」

「へぇ」

(後部座席にいかにも水族館土産風のイルカのぬいぐるみが2つ)

「イルカたちです!(ドヤ顔)」

「でしょうね」

「水族館で買いました!(ドヤ顔)」

「でしょうね」





「yumihiko氏さん、そういえば彼氏できました?」

「あ、出来たよ。(さときち先輩)」

「…えっ!!嘘でしょ!!マジですか!!
えっ!!なんで!!yumihiko氏さんに彼氏出来て、なんで私には出来ないんですか!え、なんでyumihiko氏さんに!?」

「えっ、凄くバカにしてるよね、私のこと…。いや、まぁバカにされてるのは前々から薄々気づいてたけど、なんかそんなあからさまにされると、さすがの私もなんかちょっと、うん…まぁいいんだけど…」











新人から突如届く謎のLINEシリーズ


その①
「yumihiko氏さん!
蟷螂←これはなんと読むでしょう!」

「カマキリ」

「ピンポーン!」





その②
「yumihiko氏さん、今日は熱海に行ってきました。猿がいました。」
(熱海駅で芸をしている猿の写真添付。猿までの距離がとても遠い。ピントは合っていない)




その③
「yumihiko氏さん、今日は名古屋に行ってきました。ハンドタオル買いました。」
(ハンドタオルの写真添付。このハンドタオルはあくまでも自分用であって、決して私にくれるわけでない。ただ名古屋でハンドタオルを買ったという報告)




その④
唐突に
「よっ!(ひよこのスタンプ)」









ここには書き切れない新人氏の数々の奇行。





そういえば、私が他の支店に異動になったとき、お手紙くれたな。

「yumihiko氏さんとの日々は楽しかったです。新しい環境で最初は不安だと思いますが、yumihiko氏さんなら大丈夫です。自分らしく頑張ってください」
的な有り難いお手紙だったな。
えっ、私が後輩だっけ?もういいや、なんでも。ってなったな。











今は私も彼女も会社を辞めたので、お互い全く交流はありません。
アレは夢だったのかもしれないな。



楽しい時間をありがとう。

心優しいyumihiko氏が教育係でよかったね。