ゆとりですがなにか?

どうもyumihiko氏です。

あ、そこのあなた、

「コイツ、意外にも短いスパンでブログ更新しやがったな☆こんにゃろ☆かわいいやつめ☆」

っていう顔してますよ?へへへ☆







最近のyumihiko氏のささやかな楽しみは

ドラマ『ゆとりですがなにか?』の鑑賞です。

ということで

期待大だったドラマ( ・`ω・´)

正直、第1回は、そこまで面白く感じなくて(期待し過ぎていたのもある)「ん?こんなもん?クドカン?」

となりました。

が、2回目、3回目と観るうちにいやはやどんどん面白くなるわなるわで、てんやわんや。




そしてわたくしyumihiko氏が有権者の皆様に声を大にして言いたいことはただひとーつ!



坂間正和(岡田将生)の部下山岸ひろむ(太賀)がもう、それはそれは面白い。!!

(坂間氏も山岸氏もゆとり)

山岸は自分のことを「山岸」と言う。

もうこの時点ですでに面白い。

山岸は仕事で発注ミスばかりする。

ミスした山岸は、
「山岸、やっちゃいました」
と、必ず自己申告する。

何故かドヤ顔で。大きめの声で。

あぁ、なんか全然面白さ伝わらないけど、

いや、もう、とにかく山岸が面白い。面白い?うん、面白い。

もはや山岸ありきの作品と言っても過言ではない。

絶妙にむかつく山岸。

有権者の皆様、ゆとり山岸に清き一票を!!







あ、山岸も、ドラマ自体も

かなり好き嫌いが分かれる作品かと思いますので、「ぜひ観てください!オススメです!」とは言えませんし、言いましぇんが、

(ゆとり世代だからと言って共感出来る、というものではない気が致しますし。)


ただ、yumihiko氏はかなり好きな感じで、山岸がかなりお気に入り、という。





そんなわけで、ここのところ色んな意味でヨボヨボなyumihiko氏の生活に、彩りを与えてくるドラマ(特に山岸)の話でした。














(久しぶりの)
〈今日のさときち先輩〉のコーナー

世にも奇妙な物語』の「美人税」鑑賞中のyumihiko氏とさときち先輩。

(国が定めた基準で、「美人」と判断された女性には税金がかかるという話)


y「いやいや、美人税始まっちゃったら我が家の家計ひっ迫しちゃうねぇ☆参っちゃうよねぇ☆(得意のまんざらでもない表情)」

さ「いやいや、大丈夫だよ、yumihiko氏免税だから」

y「え、あ、わたし免税?」

さ「うん。yumihiko氏ともなると逆に国から給付金貰えるよ」

y「あっ、そう。国から援助されるほどなのね、ほう…」



色んな意味でア然とするyumihiko氏であった。

一方さときち先輩は、自分が淡々と放った衝撃の事実など忘れたご様子で、
「いや〜、やっぱり美人は何してもかわいいね!」と主演の佐々木希に釘付けであった。




さときち先輩、
美人税どころか免税されて、国から給付金貰えるようなレベルのyumihiko氏をお嫁さんにしてくれてありがとう。

きっとさときち先輩はいつものようにこう答える

「いいんだよ。誰かが犠牲にならないといけなかったんだから。誰かが犠牲になるくらいなら僕が犠牲になるよ。」って。

くー!いい男!!




こうしてyumihiko氏は、さときち先輩との歪んだ結婚生活によって正常な判断能力を失っていくのであった。

つづく。