読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉大なる辻村深月先輩

こんにちは、yumihiko氏です。

 

 

 

みなさんが夜も眠れないほど気になっているであろうyumihiko氏の体調ですが、

 

そこそこの悪さを保っております。

 

4日に1回だった嘔吐ペースも、ここ数日は1日2回ペースへとレベルアップ( ・`ω・´)

 

今日は、朝一に飲んだ豆乳バナナ味を男らしく吐かせていただきました。

今や、便器の中をじっくり観察して、一体何を吐いたのか入念にチェックする、プロリバーサーyumihiko氏。

「あれ?コレは昨日のお昼に食べた食パンではないか!」とか「あれ?オムライスは消化出来たみたいだけど、トマトはダメだったか!」など、研究の日々です。

 

yumihiko氏のこの研究熱心ぶりをさときち先輩に言ったら

「もっと研究することあるんじゃないの?」となんかわかんないけどちょっと怒られました。まったく相変わらず怒りっぽいんだから☆

 

てなわけで、今日もさときっちゃんとふたり仲良くお昼寝ですわ。日に日に深まる絆、プライスレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ちょっと久しぶりに本のご紹介。


f:id:yumihikoshi:20160818114921j:image

 

yumihiko氏が尊敬して止まない辻村深月さまの本。

2冊ともエッセイです。

 

辻村深月さんの趣味(驚くほど多趣味)の話や、子育ての話、実家である山梨県の話、作家になるまでのいきさつ、幼少期の話…

 

とにかく辻村深月さんの色んな面が見られる実に贅沢な2冊です。

そして、文章の上手さに感動します。

 

図書室で暮らしたい』は、出産後に書いたエッセイなので、保育園に通う息子さんのエピソードもチラホラ。

まだ妊娠していない頃に読んだ本なので、さときっちゃんを身籠ったいま、改めて読んでみようかなと思っております。

 

この2冊を読んで、辻村深月さんはとても変わっているけど、とてもあったかい感じの人という印象を受けました。

 

今後も間違いなくyumihiko氏の憧れの女性ですわ。(偏屈なyumihiko氏が誰かに憧れるなんて珍しい。それほど偉大なわけですよ辻村のみっちゃんは。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今日のさときち先輩〉のコーナー

 

何やら唐突に、yumihiko氏の頭を髪の毛越しに指でホジホジと掘り出すさときち先輩。

 

y「なにさ」

 

さ「いや、頭に穴開けて脳みそを指で突っついて、もうちょっと脳みそ活性化させようと思って。」

 

 

 

 

 

 

 

…斬新( ・`ω・´)