読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『君の名は。』

こんにちは、私の名は、yumihiko氏です。

 

 

 

 

 

というわけで、待望の!

映画『君の名は。』を観に行きました。

 

映画公開日の26日金曜日には、ミュージックステーションRADWIMPSが地上波初登場してましたね( ・`ω・´)

 

 

 

映画館に出かける前、なにやら洗面所からスプレーの「プシュー」という音が。

 

(ん?まさかさときち先輩のやつ珍しく髪をセットしているのか?)

 

5分後…

 

さ「(爽やかな表情で)さっ、隆之介に会いに行きますかっ!」

 

y「やっぱり!珍しく色気づいてると思ったら!神木隆之介のためか!yumihiko氏のためには髪の毛セットなんてかれこれずーっとしてないのに、なにさ!神木きゅんのためなら色気づくわけだね!なんなのさ!神木隆之介にあって、yumihiko氏に無いものってなんなのさ!…いや、有り過ぎるけども!それにしてもヒドイ!なぜ嫁のためには髪をセットしない!だったら私だって、さときち先輩と出かけるときお化粧せずボロボロの状態で出かけてやる!」

 

さ「ごめんごめん、たまたまだって。」

 

y「いくら神木きゅんのためだとしても、嘘でもいいから"久しぶりのyumihiko氏との映画館だからちょっと気合い入れたぜ☆"とか言えば、yumihiko氏はご満悦だし、さときち先輩もこんなにゴチャゴチャ言われずに済んだんだよ!コトバひとつで変わってくるんだよ!本音と建前って知らないわけ!」

 

さ「わかった。じゃあこれからは建前だけで生きてく( ・`ω・´)」

 

y「あ、コラ!言ったそばから本音出ちゃってる!」

 

さ「はっはっはっ☆」

 

 

 

 

…そんなひと悶着がありまして、

無事映画館到着。

 

(要するに、さときち先輩は神木隆之介がとても好きということ)

 

 

 

 

 

 

いや〜、映画はですね、

 

とても良かったです。

 

ストーリー

映像

声優

 

どれも素晴らしい( ・`ω・´)

 

 

 

なかでも、

神木きゅんの声の演技!

そして、絶妙なタイミングで流れるRADWIMPSの曲の数々!

特にyumihiko氏がブログでしつこく宣伝してた『前前前世』、これが流れるタイミングがなんとも絶妙でかっこいい!

主題歌の『スパークル』もかなりの鳥肌モンでございました。

最初から最後までもうそれはそれは野田洋次郎でした。(いい意味で)

 

RADWIMPSをご贔屓にしてるyumihiko氏でなくても、今までRADWIMPSを聴いたことがない人でもかなりグッとくると思います。

 

 

 

 

 

土曜日は近所の花火大会に行けたし、

日曜日は、夏にピッタリな素敵な映画を観に行けた。

 

夏らしいことを何ひとつ出来ていなかったyumihiko氏(と、さときち先輩)ですが、ここへ来てようやく夏が来て、夏が終わりました。

 

 

 

 

 

余談ですが、

映画館にて、隣の隣に座っていた男子高校生3人組がうるさくて。

 

映画の予告編の時点で「コイツら、うるさいタイプの奴らなんじゃないか?」と不安になるyumihiko氏。

 

案の定、映画始まって暗くなってしばらくしてもなにやらボソボソクスクス喋り続ける3人組。しかもそのうちの一人が貧乏ゆすり。

 

映画の最中も特に笑うシーンでもないのに、なにやら喋って小声でケラケラ。

 

お腹に手を当て、中でコロコロ動くさときっちゃんに「ああいうイケてない感じの男にはなっちゃダメだよ。」とテレパシーを送るyumihiko氏。

 

映画のあと、「隣の隣の男子高校生がうるさかった」とさときち先輩に言ったら

「うん」と言ってくれたので、「映画始まって、笑うとこでもないのにクスクス笑ってるしさっ。」と調子に乗って更に不満を重ねたら

 

「たぶん映画関係なく、"なんか隣の隣にヤバそうな妊婦がいるんだが、クスクス"の"クスクス"だと思うよ。」

 

って、結局なんかよくわかんないけどまた私が悪い、みたいな感じになりました。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで『君の名は。』、ぜひ映画館で観てみてください。後悔はしないと思います( ・`ω・´)