読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知なる生物

こんにちは、今日もめげずにyumihiko氏です。

 

ここ最近、朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。そのおかげが朝晩は比較的体調良しです。

日中も、涼しい日は体調良しです。比較的。

 

てことは、今日は体調良しです。

 

 

 

 

 

最近yumihiko氏は気になっていることがあります。

 

それは「yumihiko氏は一体いつからさときっちゃんの母親だと自覚するのか。(さときっちゃんのことを我が子だといつから思えるようになるのか)」です。

 

 

 

まださときっちゃんが豆粒みたいに小さかった頃、心臓らしきものがピコピコ動いているのを見て「ほぉ〜、本当に私の中に何かしらの生き物が生きているのかぁ〜」と思ったyumihiko氏。

この時点で「何かしら(人間かどうかすら半信半疑)が一生懸命私の中で生きているから、どうにか生かしておかねば。」という、義務感は生まれたけれど、〈おぉ、愛しの我が子!〉とか〈母親になるのね、私☆〉みたいな感情は一切なし。

 

 

 

 

それから間もなく、あっという間にさときっちゃんは人間らしい姿かたちに。ドクドクドク…という心臓の音も聞いた。

「うわ〜、本当に人間だったんだ!生きてる!うわ〜…」と、やたら感動。

この時点で、ただ単純に〈生命の神秘〉的なものに感動したyumihiko氏。

〈我が子だからどうのこうの〉という感情は未だなし。

 

 

 

 

 

 

 

その後もどんどん人間になっていくさときっちゃん。手や足なんてもう完全に赤ちゃんに。

胎動も、今では夜なかなか眠れないくらい激しく。しゃっくりらしきものもしょっちゅうする。

 

 

 

妊娠7ヶ月のいま、ようやく、自分のお腹の中に人間が本当にいるようだ…そして、日々成長しているようだ…となんとなーく実感し始めた感じです。

 

(未だに病院でエコー見せられても、映し出される映像が自分のお腹のリアルタイムの出来事だとか、よく理解できない)

 

 

胎動を感じたり、お腹がどんどん大きくなったり、赤ちゃんのお顔を見たら多少なりとも「これが我が子なのね!」とか「私、本当に母親になるんだわ!」なんて気持ちになるのかな?と思っていたけれど、yumihiko氏の場合はそんなことはなく、

 

今は、

「さときっちゃん、こんな知らないヘンテコリンの人のお腹でよくもまぁ文句も言わず一生懸命暮してくれてはるわ。」と、我が子だからとか関係なく、ただただその健気さがかわいいです。

 

 

 

 

この世に産まれて、さときっちゃんに対面してもこの気持ちは恐らくそう簡単には変わらないと、現時点ではyumihiko氏は踏んでいて、

 

「未知なる生物が泣いていて、近くに私しかいないからどうやら私がおっぱいをあげねばならないようだ」とか、「おや、未知なる生物がうんちしちゃったぞ。たまたまオムツ用意してあるから、よしここはひとつyumihiko氏が変えてしんぜよう!」とか、なんだか他人事のような気持ちでさときっちゃんと接すると思います。

 

もちろん、とてもかわいいんだろうなぁとは思うけど、母親として息子がかわいいというのとは違うんだろうなぁ。

 

 

 

 

ずーっと未知なる生物としか思えなくてもいいし、yumihiko氏の予想と反して産まれた瞬間に「おぉ!愛する我が子よ!」となっちゃってもいいし、とにかくいまは自分がどうなるのか楽しみです。

 

こんなことを考える妊婦さんは、私だけじゃないはず( ・`ω・´)

 

 

 

 

 

 

 

〈今日のさときち先輩(の神木くん愛)〉のコーナー

 

 

その①

 

y「『SCOOP!』(映画)観に行きたい」

 

さ「あぁ、あの福山雅治のやつ?」

 

y「うん、あと二階堂ふみ。『モテキ』の監督だから面白そう」

 

さ「でも神木くん出ないからなぁ…」

 

 

 

 

その②

 

さ「さときっちゃん、イケメンだといいなぁ〜」

 

y「さときち先輩の言う"イケメン"ってどんなのよ?」

 

さ「え、それ、言わせないでよ(照)」

 

y「あっ、やっぱいいや(察す)」

 

さ「神木くん( ・`ω・´)キラーン」

 

y「あっ、結局言っちゃうんだ」

 

 

 

 

 

 

その③

 

テレビ観賞中…

 

さ「…神木くんと比べちゃうとドイツもコイツもブスだな!」

 

y「…嫁の私はそれをどんな気持ちで聞けばいいの?」

 

さ「神木くんに対抗するつもり?(嘲笑)」

 

y「…いや、なんでもないです

 

 

 

 

 

※さときち先輩は、〈生粋のホモセクシャル〉というわけではなく、好きになった人がたまたま男性だったっていうタイプのアレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…コホン。

お口直しに、さときっちゃん靴下を(*´ω`*)

かわええのぉ。(デレデレ)f:id:yumihikoshi:20160913155706j:image