yumihiko氏、里に帰る。

どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

 

 

昨日は、週末恒例のyumihikoホリデー(いわゆる〈ヒコホリ〉)でした。

 

今回は、芝生が広がる公園にてピクニックでございやした。

 

天気のよい土曜日の昼下がりということで、親子連れやらカップルやら女子の集団やら柴犬(と、おっさん)やら、色んな人がのんびりと過ごしておられましたわ。

 

 

 

小さい男の子が走り回る姿に、さときっちゃんを重ね、ほのぼのするyumihiko氏。

 

y「かわいいねぇ(*´ω`*)」

 

さ「うん」

 

y「私も暇なとき、さときっちゃん連れて公園遊びに来よう(*´ω`*)」

 

さ「うん、さときっちゃんにたくさん遊んでもらいな」

 

 

…私が遊んでいただく側なんだね…まぁたしかになんとなくそんな予感はしているけど…まぁなんでもいいや( ・`ω・´)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、

 

間もなく妊娠35週に入るyumihiko氏。

里に帰って参りました。

(初期から実家近くの病院に通っているので、転院はしやせん)

 

 

 

 

 

 

〈里に帰る前日〉 

 

さ「いや〜、yumihiko氏とはふたりで酸いも甘いも経験して…まぁこれからは別々の道になるわけだけど…」

 

y「離婚しないよ?」

 

さ「…え?違うの?」

 

 

 

 

 

〈里に帰る当日〉

 

車に荷物を詰め終わって。

 

さ「あとの残ってるyumihiko氏の荷物は捨てちゃっていいんだね?」

 

y「えーっと…離婚しないよ?」

 

さ「…え?違うの?」

 

 

 

 

 

 

 

数ヶ月後、yumihiko氏が自宅に戻ったとき、果たしてyumihiko氏の居場所(いろんな意味での)はあるのだろうか。(遠い目)

 

 

 

 

 

 

というわけで、いよいよyumihiko氏のヘナヘナマタニティライフも最終章に!!!