読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホルモンバランス

どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

 

出産してから

ホルモンバランスの乱れのせいか

(うわ、出た!とりあえずホルモンバランスのせいにするやつ!なんでもかんでもホルモンバランスのせいにしてたら、ホルモンバランスさんのホルモンバランスはどうなっちゃうわけ?もう常にガッタガタだよね、まったく。)

小さなことでイライライライラするyumihiko氏。

 

にも拘らず、

さときち先輩は相変わらずブレない姿勢。

それに対してもなにやらゴチャゴチャ言うyumihiko氏。

 

y「あのさぁ〜、もうちょっと労をねぎらってもらえます?もうちょっと敬意を払ってくれます?〈さときち先輩〉控えめにしてくれます?もうちょっと…(ゴチャゴチャ」

 

さ「尊敬してるよ。さときっちゃんを産んでくれたし。この僕が泣くくらいだから(出産時)相当ね。今だって一日中さときっちゃんのお世話してくれてさ。感謝もしてるし、尊敬もしてるよ。」

 

y「あ、そう、それならよいが」

 

さ「だってさ、朝早く起きておっぱい、しばらくするとまたおっぱい、終わったかと思ったらまーたおっぱい、やっと落ち着いたかな?と思うとまたまたおっぱい、晩ご飯食べながらおっぱい、お風呂上がりにおっぱい、寝る前のおっぱい、これでやっと終わりかと思いきや、真夜中におっぱい…よくもまぁ飽きもせずおっぱいあげるなぁ、余程この人おっぱいあげるの好きなんだろうなぁって。感心するよ。」

 

y「あっ、やっぱりなんか違う!言ったそばから〈さときち先輩〉出ちゃってる!もういいや、黙って!」

 

さ「え?あ、そう?おかしいなぁ。」

 

 

 

 

 

ちなみに最近は

お腹が空いたと泣くさときっちゃんに

「ちょっと待ってね〜、もうすぐおっぱい来るからね〜☆おっぱい今ご飯作ってるからね〜☆」と、もうyumihiko氏ですらありません。

 

どうも、yumihiko氏改めおっぱいです(`・ω・´)

 

 

 

 

 

〈今日の愉快なさときっちゃん〉

 

f:id:yumihikoshi:20170313094759j:image

 

朝方のさときっちゃんは色々ヤバイ。

 

もう寝癖の域を超えてる髪形

一夜にして傷だらけの顔

よだれなのかなんなのか、何かが垂れてるくち

 

問題が山積み過ぎて処理し切れないけど、

とりあえずyumihiko氏がまず初めに思うのが、

 

〈腕が絶望的に短い〉ということ。

 

いや、頭がデカイのか?

いや、やっぱり腕が短いのか?

いやいや、はたまたその両方か…?

 

 

 

そんなことを思いながら、まずくちの周りを拭いてあげることから始めるyumihiko氏であります。

 

うひゃひゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

〈泥のようなスピードで進むyumihiko読書メモ 〉

現在『掟上今日子の推薦文/西尾維新』p.82まで。