9ヶ月

どうも、yumihiko氏です。

 

 

 

 

さてさて、さときっちゃんが無事9ヶ月を迎えました(`・∀・´)

 

 

これまで大きな病気、事故なく、元気に健やかに育ってくれているさときっちゃん。

 

出来ることも日に日に増え、表情もとっても豊かになり、自我?意思?も強くなってきました。

 

新生児の頃は「寝顔がいちばんかわいいわぁ」ばかり思っていましたが、9ヶ月経った今、寝顔はもちろん、他にもかわいい瞬間ばかりです。

 

顔を真っ赤(時々涙目)にして「ゔ〜〜〜ん…」と唸りながらうんちする表情や

 

イタズラをする前の「今からイタズラしますよ?いいかな?☆」というチラ見や

 

頭をコテン(大して痛くないであろう)と打ったときの、「打ったよー!今!頭!打ったよー!誰か!抱っこして!慰めて!!」っていう大袈裟なウソ泣きや

 

そして抱っこした瞬間の「へっ、チョロいもんだぜっ☆」という笑顔のドヤ顔や

 

 

言い出したらキリがないけれど、

寝顔以上にかわいくて面白い瞬間ばかりです。

 

 

 

(あ、かわいい瞬間ばかりだし、もちろんさときっちゃんはかわいいですが、母の表情は大抵真顔だし、隙あらば心、無にしてます。

我が子のことが、ニヤニヤしちゃうくらいかわいいからと言って、実際にニヤニヤ出来るわけじゃありません。一日の大半は「もう、なんでもいいけど、はよ寝ろや」と真顔で思ってます)

 

 

 

 

 

 

冬に生まれて、春、夏を過ごし、初めての秋になって、そしたらあっという間に2度目の冬が来ます。

 

我が子の誕生日が、我が家でいちばん特別で大切な記念日のような気がしています。今や。

 

yumihiko氏ったら、すっかり母ですね。

 

あの!(どの?)yumihiko氏がねぇ…

 

ホントに…

 

あの!(だから、どの?)yumihiko氏がねぇ……

 

 

 

 

 

引き続き、健康に愉快に育ってくださいな、さときっちゃん。

父と母、そしてその他大勢からの、切実なお願いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さときっちゃん9ヶ月の本日、さときち先輩と電話。

 

y「日本時間の今日、なんの日かわかる?」

     (正解:さときっちゃん9ヶ月)

 

さ「へ?」

 

y「あ、敬老の日だけど、それはいいとしてね…今日、9月18日。何の日よ?(゚ω゚)」

 

さ「え?…あぁ、なるほどね(゚ω゚)」

 

y「お、わかった?」

 

さ「プロポーズした日ね」

 

y「違うでしょうよ!そもそもプロポーズの日付とか覚えてないけど、明らかに9月ではなかったよね!冬だったよね!11月か12月だったよね!え!」

 

さ「あ、じゃあ付き合った日か」

 

y「もっと違うでしょうよ!付き合った日に関してはさ、確か去年、さときち先輩の姪っ子が産まれた日にさ!"あ、今日付き合った日だね。姪っ子の誕生日と同じだね"って、なんか柄にもなく、イケてるマメな男子っぽいこと言ってたよね!それをあなたという人は!案の定もう忘れてる!はっ!へっ!けっ!」

 

さ「あぁ、そうなの?」

 

y「18日だよ、18日!」

 

さ「18日?…あぁ、そういうことか。さときっちゃんね」

 

y「そうだよ…さときっちゃん9ヶ月ね!まったくもう!(ブチギレ)」

 

 

 

 

 

 

というわけで、

 

さときっちゃん9ヶ月をすんなり言い当ててもらえないだけでなく、プロポーズの日付や付き合った日についても間違えられ、いや、この、二つの日付についてはyumihiko氏ももはやなんのこだわりもないからなんでもよかったのに、なんか堂々と間違えられるとなんかそれはそれで悔しくて、どこぞの議員ばりに「違うだろー!」状態で、無駄に熱くなってしまうyumihiko氏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことより、読書の秋です。

みなさん、秋の夜長、本を読みましょうね。

(どうやらこれが本題らしい)