yumihiko氏、歯医者に行く。

こんにちは、yumihiko氏です。

 

 

タイトルの通り、yumihiko氏、歯医者さんに行って参りました。

 

そうです〈妊婦歯科健診〉というやつです。

 

よく「妊娠したら歯医者には必ず行ったほうがいい」って聞きますが、「出産したら行きたくてもなかなか行けなくなるからか?」とか思っていました。

 

だけどそうではなくて(まぁそれもあると思うけど)、虫歯や歯周病は早産の原因になるそうで。わたし妊娠するまで全然知らなかったです。

 

妊娠初期はつわりで歯磨きが疎かになるので、ただでさえ口内環境は悪くなる。さらに、妊娠中は女性ホルモンがどーんと増えるわけで、女性ホルモンが大好物の歯周病菌がいらっしゃるそうで、そのせいで歯周病になりやすいんだと。

 

アルコール摂取や喫煙よりも、歯周病による早産の確率が高いらしいです。

だから妊娠さんは、歯医者に行かなきゃなんですな。

 

母子手帳と一緒に市役所で〈妊婦歯科健診助成券〉的なものを貰えるので、安く診てもらえます。)

 

 

 

そう、それでつわりもまぁ落ち着いてきたので歯医者さん行きました。

 

結論から言えば、虫歯は無かったけど、歯肉炎でした。

 

つわりの時期、1日に1回どうにか歯磨きしていまして。床にへたり込んで、オェオェとえづきながら。(歯磨きのせいで余計気持悪くなって、歯磨きの途中で嘔吐することしばしばで、もう何のために歯を磨いているのか見失う)

 

そのとき、大してゴシゴシ磨いてるわけでもないのに歯茎から毎回血が出てたわけです。(妊娠前はそんなことは無かった)

 

「あぁ、これは歯茎がやられているな。」とひとごとのように思ったわけです。

(嘔吐やら吐き気やら頭痛やらめまいやら腹痛やらふいに襲ってくる虚無感やら、ありとあらゆることに手を焼いていたので、今さら歯茎から出血したところで何も感じない)

 

そして、案の定の歯肉炎。

 

というわけで、歯肉炎の治療に入ります、yumihiko氏。

 

 

 

 

 

 

妊娠するまでは、自分の体について神秘?を感じたことなんてなかったけど、妊娠してから初めて自分の体に神秘を感じ、敬意を払っております。

 

体内の臓器や血管。とにかくありとあらゆる器官が、私たち親子を守るため、朝も夜も関係なく一生懸命働き続けてくれていると思うと、自分の体なんだけど自分の体じゃないような、なんだか不思議な気持ちになります。

 

そして中のちっちゃいオッサンたち(何故かオッサンと決めつけている。だってyumihiko氏の体内に若いイケメンがいるわけがない)に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

そして、「さときっちゃん、オッサンたちの言うことちゃんと聞いてお利口さんにしてるんだよ?」と話しかける。

 

 

 

さときち先輩が

「おちんちんが無いyumihiko氏の中にいるさときっちゃんにはおちんちんがついてるんだね。よく考えるとなんか凄いね!」と、わかるようでわからんようでわかるようなことを感動していました。

 

さときち先輩もさときち先輩なりに何か生物の神秘を感じている模様。

 

yumihiko氏には、いま心臓が2つあり、体内にはおちんちんを隠し持っている。

あぁ、偉大なるyumihiko氏。いや、もはやyumihiko神(ゆみひこしん)。

 

(あぁ、コイツただのマタニティーハイだな、って流してくれて構いません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今日のさときち先輩〉のコーナー

 

少し前からさときっちゃんのだれかけ(あ、よだれ掛けのことです)を作ろうと意気込むyumihiko氏。(未だ実行はせず)

その横で何やら熱心にケータイを眺めるさときち先輩。

 

さ「…ふむふむ、なるほどね。」

 

y「何が?」

 

さ「よだれ掛けの作り方が大体わかったわ。」

 

y「え、さときち先輩が知らないあいだに作っちゃってるとかやめてよ!」

 

さ「いや、作んないよ。でもどうせ"わからん!全然わからんわこりゃ!もうダメだ!"とかyumihiko氏言い出すでしょ。」

 

y「たしかに( ・`ω・´)ありがとう、さときち先輩( ・`ω・´)助かるよ( ・`ω・´)」

 

さ「いや、教えないけどね。」

 

 

 

 

 

 

 

とか言ってどうせ助けてくれるんでしょ☆

なんならよだれかけだけじゃなく、帽子とか洋服とかの作り方も調べといてくれていいんだからね☆ははっ☆